水分測定装置

自動加熱水分気化装置 EV-2010

リーズナブルな固体・粉体連続自動測定システム
(10検体用)

水分測定装置と組み合わせてシステム化します。
試料容器の移送、加熱、測定の一連の操作を自動的に行います。


製品の特長

1. 自動測定

多検体を自動測定でき、効率的な水分測定が行えます。

2. 加熱温度(室温~300℃)

試料の加熱温度は、室温から300℃まで任意に設定できます。

3. 測定条件ファイル

測定条件ファイルが50個あり、試料ごとに最適な温度を設定登録できます。

4. 試料ごとに昇温設定可能

試料ごとに3ステップまでの昇温設定ができます。

5. 取り扱いが簡単な試料容器

容器の底から口までストレートであるため、溶けた試料の取り出しが容易です。

6. PCタイプの水分測定装置との組み合わせも可能

PCタイプのAQ/AQV-2250と組み合わせたAQS-225010シリーズもあります。

仕様 (水分測定装置につきましては、組み合わせる水分測定装置の仕様をご参照ください。)

水分気化法 通気加熱気化法
試料容器 硬質ガラス容器、アルミ箔パッキン、PTFE製ふた
試料容器設置数 10検体
試料量(体積) 約10mLまで
キャリヤーガス・流量 N2ガス(もしくはオプションの乾燥空気用ポンプによる乾燥空気)、30~300mL/分(設定可能)
乾燥剤 モレキュラシーブス
ヒータ・温度制御 バンドヒータ、PID制御方式
加熱温度設定範囲 室温~300℃、水分測定装置にて3段階までの設定が可能
測定終了位置設定 終了位置へストップピンを設定
測定終了後の処置 終了ブザー
電源 AC100V±10% 50/60Hz 約150VA
大きさ・重さ 260W×600D×280H(mm) 約11kg

オプション

  • ●乾燥空気用ポンプ
  • ●操作スイッチEV