製品年表-自動滴定装置の歴史
1960年代
1970年代
1980年代
1990年代
2000年代
現在

[RAT-1] 1965
国産初の「断続滴加
制御式滴定記録装置」RAT-1

[RAT-11] 1969
トランジスタによる制御。
オペアンプ採用。RAT-11

[COMTITE-7] 1979
世界初のマイクロコンピュータ
制御機能を搭載、
国内シェア70%獲得COMTITE-7

[COMTITE-8] 1983
滴定条件ファイル機能を搭載comtite-8

[COMTITE-101] 1986
ブラウン管採用、
滴定曲線リアルタイム表示COMTITE-11

[COMTITE-900] 1989
カラー表示、
フロッピーディスク採用COMTITE-900

[COMTITE-500] 1990
ベストセラーの普及モデルCOMTITE-500

[COM-980] 1992
パソコンによるシステム制御、
マルチタスク構成による
同時測定COM-980

[COM-550] 1995
GLP対応機能搭載COM-550

[COM-450] 1996
最大8台ビュレット追加COM-450

[COM-555] 1999
微分曲線の表示・印字COM-555

[COM-2000] 2000
フラッシュATAカードによる
3000データ保存COM-2000

[COM-2500] 2001
タイトステーション小型化、
マルチタスク最大6台COM-2500

[COM-1600] 2004
カラーLCD、
スマートメディア採用COM-1600

[COM-1700] 
タッチパネルタイプの
ニュースタンダードCOM-1700

[COM-1750] 
パソコンタイプの
マルチ対応型COM-1750

[COM-1700A] 
タッチパネルタイプの
進化形COM-1700A