自動滴定装置

殺菌洗浄液濃度カウンタシリーズ

過酸化水素カウンタ HP-300
過酢酸カウンタ   PA-300
有効塩素カウンタ  CL-300
オゾンカウンタ   ZC-300

よう素電量滴定法により、簡単操作で精度よく迅速に測定します。

ペットボトルや紙パック容器などの殺菌洗浄剤をはじめ、有機・無機化学工業、パルプ工業における漂白剤、酸化還元剤の濃度管理など、多方面にわたってご利用いただいています。(※受注生産品)


製品の特長

1. 簡単操作

電量滴定法による、操作簡単、高精度です。

2. 幅広い濃度に対応

測定レンジの切換えにより、幅広い濃度の測定が可能です。

3. 短時間測定

高濃度、低濃度とも1検体当たり、最長でも4分以内で測定できます。

4. データメモリ機能

結果データを最大50データ、測定レンジごとにブランク測定結果を最大20データまで記憶できます。

5. 電解液の自動分注にも対応(オプション)

オプションビュレットの使用により、電解液の分注を自動的に行うことができ、再現性の向上が図れます。

仕様

測定対象

HP-300:水溶液中の過酸化水素濃度
PA-300:水溶液中の過酢酸濃度
CL-300:水溶液中の塩素濃度
ZC-300:水溶液中のオゾン濃度

測定方式 よう素電量滴定法(逆滴定法)
測定範囲 【HP-300/PA-300/CL-300】0.5ppm〜15%(試料希釈により35%まで測定可能)
【ZC-300】0.5〜15ppm
測定精度 液温が一定の標準物質KIO3を測定したとき(n=6)
【HP-300/PA-300/CL-300】
  ・高濃度(1/240 mol/LのKIO3)測定時  : CV 1.0%
  ・低濃度(1/24000 mol/LのKIO3)測定時 : CV 2.0%
【ZC-300】
  ・濃度(1/24000 mol/LのKIO3)測定時  : CV 2.0%
最小表示 0.01ppm
測定所要時間 約4分以内
電極構成 電解電極(白金−白金)、 検出電極(白金−白金)
試料量 (1測定あたり) 【HP-300/PA-300/CL-300】
 0.01mL,0.02mL,0.05mL,0.100mL,0.200mL,0.500mL,
 1.00mL,2.00mL,5.00mL,10.00mL のいずれか。(測定レンジにより異なります)
【ZC-300】
 10.00mL
試薬使用量 (1測定あたり) HP-300:電解液5mL、緩衝液1mL
PA-300:電解液5mL、緩衝液1mL、分解液20μL
CL-300:電解液5mL、緩衝液1mL
ZC-300:電解液10mL
表示器 16桁2行液晶表示器(バックライト付き)
表示単位 ppm、%、もしくは mg/L、g/L
計算機能 濃度演算、統計計算
測定レンジ 【HP-300/PA-300/CL-300】
  既定の低濃度用:5レンジ、既定の高濃度用:10レンジ、ユーザーモード:3レンジ
【ZC-300】
  既定:1レンジ、ユーザーモード:1レンジ
データ記憶数 測定結果データ  : 最大50データ
ブランク測定結果 : 測定レンジごとに最大20データ
インターフェース ・プリンタインターフェース標準搭載
・ビュレットインターフェース(オプション)
・RS−232C(オプション)(ホストパソコンへの結果出力用)
プリンタ印字内容 ブランク測定結果、試料測定結果、統計計算結果、オプションパラメータ
※印字には、オプションのプリンタが別途必要です。
電源 AC100V±10% 50/60Hz 約50VA
大きさ・重さ 310W×270D×250H(mm) 約5kg

オプション

  • ●サーマルプリンタ PR-2000T3
  • ●ドットインパクトプリンタ PR-302B
  • ●ビュレット B-130HP-10 (電解液の自動分注用)
  • ●ビュレットインターフェース (RS-232CおよびB-130HP-10出力信号用コネクタ)