自動滴定装置

塩分濃度計 CLD-100

電量滴定法で塩分測定が簡単

電量滴定法を用い、塩素イオンを測定することで、塩分を迅速かつ高精度に測定します。
専用電解液中で銀線の電解酸化により生成した銀イオンにより、試料中の塩素イオンを滴定します。銀イオン電解酸化のために消費された電気量を測定することで、塩分の濃度を求めます。
(※受注生産品)


製品の特長

1. 簡単操作

電解液の入った測定容器へ試料を注入するだけの簡単操作。
オートスタートに設定すると測定容器にサンプルを入れるだけで、
測定開始〜測定終了を自動で行うため、繰り返し測定時はたいへん便利です。

2. 優れたメンテナンス性

電量滴定法の採用で、試薬の標定が不要です。
容量法のような分注器や試薬流路が無く、充填作業が不要ですので、日常のメンテナンスが簡単です。

3. 着色試料もスピーディーに測定

迅速な測定が可能です。(1% NaCl 20μL採取で約25秒※)
しかも電位差検出法で、試料の着色を問いません。
※測定時間は温度に影響されます。

4. 設置性に優れた省スペースサイズ

わずか幅310mm奥行き270mm。
一体型・省スペースサイズ設計で、場所を取りません。

5. 安全性を考慮した材質・構造

安全性を考慮した水銀レス電極を使用しています。
また、比較電極は液絡部のトラブルの少ないスリーブタイプを使用しています。

6. 低ランニングコスト

電解液が複数回使えるので、たいへん経済的です。
(1% NaCl 20μL採取で約100回測定が可能)

仕様

測定方式

電量滴定方式

終点検出方式 電位差検出方式
電極 指示電極 : 銀電極
比較電極 : 硫酸銀電極
濃度計算成分 NaCl, Cl- (いずれかを選択設定)
濃度単位 ppm, %(W/V, W/W), mg/L, m mol/L, mEq/L
試料採取 マイクロディスペンサなどによる手動注入
試料レンジと試料量 レンジ1 : 1.0000〜50.00% 0.002mL
レンジ2 : 0.2000〜10.00% 0.010mL
レンジ3 : 0.1000〜5.000% 0.020mL
レンジ4 : 0.0500〜2.000% 0.050mL
レンジ5 : 0.0200〜1.000% 0.100mL
レンジ6 : 100.0ppm〜5000ppm 0.200mL
レンジ7 : 40.0ppm〜2000ppm 0.500mL
レンジ8 : 20.0ppm〜1000ppm 1.000mL
※試料量の設定は測定時間が25秒以内に終了することを目安にしておりますので、適時変更可能です。
繰返し精度 CV 0.5%以内 (1%NaCl溶液 20μL採取 n=5測定時)
測定容器 専用容器
校正 試料濃度に近似したNaCl標準液による1点校正
測定開始様式 オートスタート、もしくは[SAMPLE]キーによるスタート
プリンタインターフェイス 標準装備 (サーマルプリンタ PR-2000T3、ドットインパクトプリンタ PR-302B用)
データ記憶容量 300データ
電源 AC100V±10% 50/60Hz
消費電力 約50VA
大きさ・重さ 310W×270D×300H(mm) 約5.0kg
標準付属品 マイクロディスペンサ20μL 1本
電解液500mL 2本
電極洗浄剤 1本
電極洗浄用綿棒 50本入り
電極洗浄用ミニカップ 1個
発生極 2本
比較電極内部液 1本
1% NaCl標準液100mL 1本

オプション

  • ●サーマルプリンタ PR-2000T3
  • ●ドットインパクトプリンタ PR-302B