プロセスタイトレータ

プロセスタイトレータ RTR-1000

プロセスラインの試料濃度を”自動分析”

製造ラインにおけるプロセス液中の目的成分濃度を、滴定法により自動的に分析。工程・濃度管理分析の手間を省き、より効率的な製造を可能にします。

試料の素性やラインの形態にあったサンプリング、複数のラインからのサンプリング、試薬添加や逐次滴定などのための分注ポンプの追加やビュレットの増設が可能となっています。

各種警報・信号出力の追加・増設など、お客様のご希望に沿ってカスタマイズできるフレキシビリティが大きな特長です。

価格は詳細仕様打合せにより都度見積もりとなります。(受注生産品)

【お見積り方法】
下記の見積依頼書ファイルにご入力の上、メール添付してください。
見積依頼書(Wordファイル)

送り先:info@hiranuma.com 代表メール担当あて

【用途例】
●食品飲料関連の濃度管理

  • ・容器洗浄剤の過酢酸、過酸化水素
  • ・水酸化ナトリウムと炭酸ナトリウム
  • ・炭酸水素ナトリウム

●めっき関連の濃度管理

  • ・銅めっき液中の銅イオンおよび硫酸
  • ・銅電解液中の塩酸イオン
  • ・プリント基板洗浄液中の塩酸

●その他の濃度管理

  • ・ホルマリン製造工程中の水酸化ホルマリンとホルマリン
  • ・次亜塩素酸ナトリウム液中の残留アルカリ
  • ・工場排水中の過酸化水素
  • ・パルプ蒸解液の水酸化ナトリウムほか
  • ・パルプ漂白工程中の二酸化塩素および有効塩素

ほかにも多数の実績があります。


製品の特長

1. 使いやすい

・大きな7.5インチカラー液晶タッチパネル
・サーマルプリンタ内蔵
・緊急遮断スイッチを装備
・USBメモリにデータをバックアップ可能

2. 手間いらず

・電極内部液の補充頻度を低減
・試薬交換作業はエコノミーパージ機能でカンタン
・滴定液の自動気泡抜き機能を搭載


  • 内部液サブタンク エコノミーパージ 自動気泡抜き

仕様

制御方式 マイコンによる滴加量、待ち時間制御、滴加分解能1.25μL
滴定様式 終点自動停止滴定
終点検出方式 設定点または二次微分による自動検出
終点検出数 最大5終点
表示器 7.5インチカラー液晶タッチパネル
ラインファイル 測定ラインファイル:6ファイル
マスタファイル 滴定実行ファイル:51ファイル
コンディションファイル 滴定条件ファイル:51ファイル
計算式ファイル 固定式:10、任意式:89
制御モードファイル 一般滴定ファイル 51ファイル
自動入力機能 濃度計算、統計計算、pH自動補正計算
記憶データ数 約300データ(滴定結果、滴定条件)
USBメモリ:(256MB以上)最大管理容量 約9,900データ  
GLP機能 電極メンテナンス情報、ビュレットメンテナンス情報、部品メンテナンス情報、ビュレット精度試験、ポンプ精度  
プリンタ サーマルプリンタ内蔵 ロール感熱紙 幅58mm
外部入出力 RS-232C:1ポート(天秤入力またはコンピュータ接続用)
LAN:1ポート(コンピュータ接続用)
USB:1ポート(データ保存用)
DC-4-20mA出力:最大8チャンネル
ビュレット ・容量:20mL 透明シリンジ(紫外線遮光形保護カバー付き)
・接液部材質:PTFE、硬質ガラス、セラミック
・接続チューブ:2φ×3φPTFE製チューブ
・弁切換:セラミック三方コック
・吐出速度:フルストローク最大50秒(吸引速度40秒)
滴定セル 150mL専用セル(マグネチックスターラ装備)
【オプション】ガラス製200mL、ガラス製70mL
気泡溜め ガラス製(透明)内容積 約1mL
自動運転開始時に自動気泡抜き
内部液タンク 1個 25mLガラス製
分注ポンプ(オプション) チューブポンプ(パルスモータ駆動)
外装色 5Y7/1(ライトベージュ)(耐酸塗装)
電源 AC100V±10% 50/60Hz 300VA
重さ 約130kg

オプション

  • ●盤用クーラ
  • ●試薬下限レベルセンサ
  • ●計装空気用減圧弁
  • ●試料減圧弁
  • ●デガッサ(脱気装置)
  • ●UPS(無停電電源装置)
  • ●ヒータ
  • ●試料冷却器
  • ●チャート巻取り機
  • ●アジャスタフット
  • ●純水自動供給装置