国内トップシェアの
実績

国内トップシェアを誇る平沼の自動滴定装置。滴加から終点判断、濃度計算まで自動で行い、効率よく精確な測定ができます。

あらゆる水分測定を可能にする
豊富なラインナップ

カールフィッシャー法による化学分析法で、試料中に含まれる水分量を測定。2つの滴定法を用いた豊富なラインナップで、液体はもちろん、固形・粉体試料の水分測定も可能です。

日本薬局方にも対応した
高度化を実現

日本薬局方規定の装置条件をクリア。光触媒酸化チタン酸化法により、高感度・低コストで全有機炭素(TOC)を測定することができます。

環境基準値の1/1000という
高感度測定を実現

水中の水銀を、公定法に則り測定します。還元気化原子吸光法により、検出下限値は環境基準値の1/1000という高感度測定が可能です。

全自動化により、
測定のわずらわしさを解消

サンプリングからフラスコ洗浄まで完全自動化。試料容器をパレットにセットしスタートするだけの簡単操作で、工場排水試験方法に準拠し、CODを測定することができます。

プロセスラインの試料濃度を
"自動分析"

製造ラインにおけるプロセス液中の目的成分濃度を、 滴定法により自動的に分析。工程・濃度管理分析の手間を省き、より効率的な製造を可能にします。