水分測定装置

水分気化装置 EV-2000

固体・粉体試料の水分を簡単に測定

各種樹脂ペレット、医薬品(粉末、固形物)、各種無機物の粉末や顆粒、コピー機トナーなど、固体・粉体試料の水分を効率よく測定するための気化装置です。


製品の特長

1. 加熱温度(室温〜350℃)

固体・粉体試料の水分を効率よく気化します。

(※炭酸水素ナトリウムのように、加熱による分解で水を生成する試料や、カールフィッシャー試薬と反応する物質を放出する試料は測定できません。)

2. 測定条件の設定が容易

水分測定装置とのインターフェース接続により、水分測定装置に備えられた測定シーケンス設定ファイル(加熱温度条件を含む)で、試料に応じた条件の設定が容易に行えます。
対応機種:AQ-2200(A)/AQ-2250/AQV-2200(A)/AQV-2250

3. バイアルビン対応に改造可能

加熱用試料容器(気化室)は、お客様がご使用のバイアルビンが使用できるタイプに特注改造可能です。
(※適用できないバイアルビンもありますので、ご相談ください)

仕様

温度調節 任意設定、自動温度調整
温度範囲 室温〜350℃
キャリヤーガス N2ガス(もしくはオプションの乾燥空気用ポンプによる乾燥空気)
流量:30〜300mL/分(設定による)
乾燥剤カラム モレキュラシーブス 100g
ヒータ バンドヒータ
試料量 約10mL以下
電源 AC100V±10% 50/60Hz 約150VA
大きさ・重さ 220W×430D×200H(mm) 約8.0kg

オプション

  • ●乾燥空気用ポンプ
  • ●操作スイッチEV